成分「シアル酸について」

ツバメの巣には若返り効果がある

ツバメの巣の成分の中で、もっとも重要な物質となるのがシアル酸です。
シアル酸は人の体の中にも存在する物質で、コンディショニングを整える大事な役割を持っています。
細胞表面にある糖の一種で、唾液にも含まれている粘り成分なのです。

他では母乳にも含まれており、動物ではハチや牛の唾液にも含まれているといわれています、

そんなシアル酸が、ツバメの巣にはたっぷりと含まれています。
高級健康食品としてその健康・美容効果で有名なローヤルゼリーと比べても、その200倍はあるといわれているのですからものすごい量です。

シアル酸はアンチエイジング効果が期待できる美肌成分です。
細胞と細胞とをつなげる橋渡し的な役割をしており、シワやシミ、たるみなどを改善してできにくい状態へとしていきます。

コラーゲンやヒアルロン酸といった、美容成分として名高い成分をコントロールする役割も持っていますから、もしもコラーゲンとヒアルロン酸を摂取しているのに何の効果も感じられなかったという人・・それはシアル酸が不足しているせいかもしれないのです。

まさに美容成分として欠かせない物質といえます。

トップへ戻る